2007年03月13日

近江楽堂でのコンサート終わりました!(3/11)


◆近江楽堂での、ヴァイオリンとのコンサート、無事終わりました!
ヴァイオリンは硲さんで、今回の目玉は、モーツァルトのソナタとマティエカのセレナータ(初演)。
この他にも、ベートーヴェン〜ディアベリのポプリや、イベールの寓話等、かなり珍しい曲が勢揃い!
この編成のプログラムとしては、とてもユニークなものになりました。
近江楽堂は残響が長いので、アンサンブルとしては、なかなか聞き取りが難しい部分もありましたが、このホールならではのたっぷりとした響きをお客様に楽しんでいただけたのではないかと思っています。
デュオ・シルフィードのコンサートも、いつかここでやってみたいと思っていますが、その時は、フォルテピアノを運びこまなくちゃいけませんね!


Noriyasu

posted by のりぴー at 02:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3518979
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

モーツァルトが聴きたい。
Excerpt: 例えば、ピアノソナタ第8番はモーツァルトが始めて作曲した短調のソナタです。このソナタの背景には、モーツァルトの母の死、そして失恋があります。
Weblog: モーツァルトが聴きたい。
Tracked: 2007-03-13 22:52